agaの治療穂法と治療薬プロペシアを解りやすく紹介

フィナステリド錠と呼ばれている医薬品であり、aga男性型脱毛症の治療方法として画期的な医薬品になっています。agaになる原因は男性ホルモンのテストステロンが酵素と結合しジヒドロテストステロンが産生され、その影響を受けやすい人が薄毛の症状を発症します。プロペシアはテストステロンに酵素が結合しないように働く効能を持っています。原因がジヒドロテストステロンになっていますので、それを作らせない体にすることによって、agaを治療する方法です。服用は1日に1回、副作用も少ない医薬品ですので、多くの男性が服用することができ、aga治療の基本になっています。ただ男性にしか服用できない医薬品であり、女性がなるagaの場合は別のアプローチで治療をすることになります。

安く求めることができるジェネリック医薬品

プロペシアは保険適用がされない医薬品であり、服用し続けないといけません。効果が出たからといって、服用を中断することがあるとまた悪化してしまい、頭髪を諦めるまで服用し続けない医薬品であることを知っておきましょう。保険が使えないことで高い費用がかさみ、治療が受けられなくなる人も多いです。しかしその対抗策もあります。クリニックではジェネリック医薬品があり、少しですが安価で購入することができます。また個人輸入を利用すれば、まだ安く購入することができるでしょう。ただ医薬品は副作用があります。初めて服用するケースでは、必ず医師の診察を受けてから安全性を確かめて、そこから個人輸入を利用することをおすすめします。正しい医薬品の服用をすることがとても重要です。

プロペシアと似たような製品もある

いきなり医薬品を服用することにためらいを持つ人も居るはずです。プロペシアの作用と同じように働く製品もあり、医薬部外品になりますが製品化されています。医薬品を服用することに抵抗感を持っている方は、まずここから試してみるのもおすすめです。ただし医薬部外品になることで、医薬品よりも医学的に実証されておらず、また大変個人差があります。そのことを踏まえて使用すると良いでしょう。製品だけに頼らないことも重要なaga治療です。プロペシアだけに頼らず総合的な対処方法をとることをおすすめします。適度な運動、快適な睡眠、そして豊富な栄養は頭髪を育てるためには大切なことです。医薬品や製品だけに頼らないaga治療をしてください。改善には長い期間を要しますので気長に続けていきましょう。