agaになる原因となりやすい人の特徴

まずagaそのものの原因としてあるのが、男性ホルモンです。テストステロンが酵素と結ぶつき、ジヒドロテストステロンに変化され、その影響を受けて脱毛が促進され、頭髪が育ちにくくなってしまいます。男性だけではなく、女性も微量のテストステロンがあることから、男女共通した薄毛の問題にもなっています。体毛が毛深いなどの体質があれば男性ホルモンの量が多く、agaになる確率が高くなるとされていますが、あくまでも感受性の問題になっていますので、一括りで原因とは言えない現状があります。またストレスや生活習慣の悪化、栄養不足で血流が悪くなり、薄毛が進行することもあります。あくまでもagaは男性ホルモンの影響を受けて、それらの要因が重なり、悪化するケースが多いです。

男性ホルモンに影響されにくい体をつくること

問題はagaの原因となっている男性ホルモンの影響を受けにくい体にすることが大切です。なかなか生活環境の変化で対処することは難しく、一番効果が高いのがプロペシア等の医薬品を服用することになります。ただ問題もあり、女性は服用することができないことから、女性ホルモンの量を増やすサプリメントや医薬品などで対処していきます。医薬品を服用することが最善の対処方法になりますが、他にも生活習慣の見直しをすることで男性ホルモンに立ち向かうことができます。動物性たんぱく質の量を減らし、女性ホルモンと同じ作用が働きやすい大豆製品を食べるなどの対策も、効果的なaga対処方法になっています。また適度な運動と快適な睡眠も健康体を作る上で大切になりますので、バランスよく取り組むことが大切です。

対処方法はさまざまあり個人差も大きい

プロペシアを服用することが最善の対処策になりますが、医薬品も万能ではなく限界もあります。服用しても残念ながら効果が出ない人もいますので、その場合は違う治療方法を選択する必要が出てきます。agaに関する研究も行われており、新しい治療方針が生まれていることから、諦めない治療を受けることが可能です。ただし保険適用外になりますので、費用が掛かることは覚悟しておきましょう。また医薬品を服用することは抵抗がある人もいるでしょう。そのような場合医薬部外品で、原因となっているジヒドロテストステロンに対抗できる製品も数多くあります。まずそのような製品を試してみてから反応を見てから、医薬品に手を出すプロセスもあるでしょう。対処方法は個人差がありますので、自分に合った方法を見つけてください。